賃貸借契約の締結と現在の仲介手数料の相場について

賃貸借契約を締結して部屋を借りる前には、初期費用としてどのくらいかかるかを計算することから始めます。
初期費用とは部屋を借りる前に不動産屋に納める費用で、前家賃一ヶ月分・礼金・敷金・仲介手数料・その他の諸々の手数料などの費用です。
当然、これらの費用は固定費としてかかるので、比較的に賃貸借契約を結ぶ上ではまとまった費用が必要となります。
なかでも仲介手数料という項目は、不動産業者を受け取ることができる手数料で、それについては家賃一ヶ月分を上限として受け取ることが出来ると法律によって定まっています。
そのため、その手数料については貸主・借主の両方から受け取ることも可能で、契約の締結の間に何社か不動産屋が絡んだとしても上限は家賃の一ヶ月分となります。
もちろん、半月分に定めることや、それをゼロにするなど自由に設定することも可能です。
部屋を眠らせておくよりは、入居者が入ってくれた方が不動産屋としても確実に収益を上げることが出来るので、その相場も今後は下がる可能性もあります。
最近の仲介手数料の相場の傾向としても、家賃一ヶ月分を取る不動産屋もいますが、半月分やゼロにしてそれを売りとする不動産屋も多くなっています。
賃貸物件では出来る限り初期費用の負担を軽くすることで、入居者を増やそうとする取り組みも行なわれています。