賃貸の仲介手数料の相場は家賃の1ヶ月分です

不動産を売買する時には仲介してくれた不動産屋に手数料を支払うことになっています。
この場合の仲介手数料というのは上限が宅建業法で決められており、それを超えなければ不動産会社が自由に決めることができるのです。
例えば売買の場合の上限というのは、売買代金が400万円を超える時には売買代金の3パーセントに消費税を加えた金額以内となっています。
また賃貸の場合でも仲介手数料は発生します。
賃貸の場合は賃料の1ヶ月分が一般的な相場です。
本来は貸し主と借り主が家賃の1ヶ月分を折半して消費税を足した金額を支払うのが当然なのですが、慣例で借り主が全額支払うようになっています。
ところが最近は少子化によって物件が供給過剰になっており、仲介手数料を無料にしている不動産屋が増えているのです。
以前なら礼金や敷金なども支払っていたのですが、それらも無料のところが増えています。
これから賃貸を探す人は、その点を気をつけて探せば思ったより安く借りることができます。