仲介手数料は、賃貸の場合、一般的に家賃の1ヵ月分が相場です。

会社員なら転勤や転職、夫婦なら子供が生まれ今借りている部屋が手狭になってきた場合など、賃貸物件を実際に探した経験を持っている方は多いです。
仲介手数料は、賃貸契約の場合は、契約時に支払うのが一般的です。
仲介手数料は、物件の税抜価格をもとに計算します。
価格は、マンションなど賃貸契約のときに不動産会社が示す書類をよく確認することです。
アパートを借りるときは、敷金、礼金などに加えて、仲介手数料も必要になる場合があり、相場は、家賃の1ヵ月分と言われています。
通常、アパートには大家さんが存在し、大家さんは自分が持っているアパートの入居者を募集するために、不動産会社へ依頼をします。
そして、不動産会社はアパートを借りたい人へ物件を紹介します。
ですので、価格の交渉は、不動産会社の営業マンにお願いすると、交渉に応じてくれます。
営業マンに嫌われると、交渉も適当になってしまうので交渉をお願いするときは、丁寧にお願いし、営業マンを上手に使うことがおすすめです。